対面意識イベザシマンムー

どうも、ゆーまです。

今回は久しぶりに最高レートを更新することができたので、記念に使用した構築を紹介していきます。

最後まで読んでいただけたら幸いです!

 

 

 

TN いちごみるく

最高レート1851(461位)

最終 宇宙

 

使用構築

トレーナーカード

 

 

 

1.構築のコンセプト

・相手の初手ポケモンを読み切り、先に数的有利をとって勝利する。

・出し負けたとしてもプレイングでカバーする。

・積極的に攻める。

 

2.構築経緯

採用順

 

採用理由

最初に、イベルタルの相手パーティへの破壊性能が魅力的だったため構築の軸として採用した。

次に、イベルタルが体感不利なゼルネアスに対抗できるようにザシアンを採用した。

この2体だと、相手のザシアンがきつくなってしまったため、麻痺バグもかねて入れ得なHBゴツメサンダーを採用した。

次に、カイオーガの水技の一貫があるため、トリトドンを採用した。

ここまでで、ジガルデやホウオウがきついと感じたため、岩技を採用した襷マンムーを採用した。

ラストに、いるだけで相手の思考をバグらせることができるスカーフメタモンを採用してパーティが完成した。

 

 

 

個体紹介

 

 

1. ザシアン@くちたけん

 

性格:陽気

特性:不撓の剣

技構成:きょじゅうざん・じゃれつく・ほのおのキバ・でんこうせっか

調整:H252 A76 B4 D148 S28

実数値:199-200-136-×-154-189

 

HD:C202カイオーガのしおふきを確定耐え

        特化珠イベルタルのダイバーンを確定耐え

        特化珠サンダーのダイバーンを確定耐え

        

 HB:ザシアン(メタモン)の+2きょじゅうざんを確定耐え

          特化マンムーのじしんを確定耐え

          特化ザシアンのきょじゅうざん+でんこうせっかを13/16耐え

          A168エースバーンのかえんボールを最高乱数以外耐え      

 

A:B4カイオーガをじゃれつく+でんこうせっかで11/16で倒せる

 

S:最速エースバーン抜き

 

くろこさんが紹介していたザシアンのきょじゅうざんと珠ダメージを耐えるイベルタルを逆に倒すために育成しました。そのおかげで、初手ザシアンイベルタル対面できょじゅうざん+きょじゅうざんで倒せる試合が何回もありました。また、HAベースのザシアンが環境に蔓延していたため、あえて陽気にすることで上からきょじゅうざん+きょじゅうざんで倒せたりもしました。ほのおのキバはザシアン受けに出てくるヨプのみナットレイヌケニンに刺すために採用しました。この調整にすることで特化ザシアンでは裏のHBサンダーに引いても受からなかったのですが、Aを低くすることでサンダーの受け出しができました。

 

選出率2位

 

 

 

 

 

f:id:satooooooooo:20220302171145g:plain

2. イベルタル@いのちのたま

 

性格:臆病

特性:ダークオーラ

技構成:あくのはどうデスウイング・ねっぷう・ふいうち

調整:H12 B4 C244 D4 S244

実数値:203-×-116-200-119-150

 

よくいる型のイベルタルです。特に特筆するべき点はないですが、ラッキー+ヌオーの並びを破壊できたり、日食ネクロズマに強かったり自分好みのポケモンでした。また、ふいうちの枠はみがわりやおいかぜで迷ったのですが、やはりダイジェットしてから上からふいうちを当てたり、黒バドレックスを縛れたりしたので良かったと思います。ですが、ダイウォールの媒体がなかったため相手のダイマターンを枯らせなかったのが少し痛手でした。

 

選出率1位

 

 

 

  

3. マンムー@きあいのタスキ

 

性格:陽気→意地っ張り(陽気が活きる試合がなかったため、意地っ張りに変更)

特性:鈍感

技構成:じしん・つららばりこおりのつぶて・こらえる→がんせきふうじ

調整:A252 B4  S252

実数値:185-200-101-×-80-132

 

AS:ぶっぱ

B:余り

 

基本的なマンムーです。最初はがんせきふうじの枠をこらえるにしていたのですが、このパーティはホウオウが非常に重かったため、がんせきふうじに変更しました。ですが、上から殴ってくるホウオウにせいなるほのおで一発やけどになることが何回かありました。でもヌケニン対策にもなっているし、相手のSを上げさせなかったのでがんせきふうじにして正解でした。

 

選出率3位

 

 

   

4. トリトドン@たべのこし

 

性格:生意気

特性:呼び水

技構成:じしん・ねっとう・あくび・じこさいせい

調整:H252 A4 B140 C4 D108

実数値:218-104-106-113-127-54

 

じしんの火力を下げたくないので生意気を採用しました。主な役割としてはカイオーガ受けでしたが、最近のカイオーガぜったいれいどの採用率が大幅に上がった印象だったので相手がカイオーガを使っていても積極的には出しませんでした。ただ、単体の性能がとても高かったのであくびを打っているだけでも強かったです。いろいろなポケモンの技を大体一発耐え、返しのあくびで起点を作れる点が非常に良かったです。

 

選出率5位

 

 

 

 

5. サンダー@ゴツゴツメット

 

性格:図太い

特性:静電気

技構成:ほうでん・ぼうふう・こらえる・はねやすめ

調整:H252 B252 D4 

実数値:197-×-150-145-111-120

 

HB:ぶっぱ

D:余り

 

主に物理受けとして採用しました。相手のザシアンもそれをわかってつるぎのまいを積んできたりしたので、安直には投げないで投げるタイミングを吟味して投げていました。自分のザシアンをコピーしたメタモンのきょじゅうざんに受け出せる点はとても良かったかなと思います。麻痺バグのチャンスがある時点でこのポケモンは優秀すぎました。

 

選出率4位

 

 

 

   

6. メタモン@こだわりスカーフ

 

性格:生意気

特性:変わり者

技構成:へんしん

調整:H252 D252 B4

実数値:155-68-69-68-110-47 (S個体値0)

 

D:化学変化ガス下でなるべく耐えてから変身できるようにD特化

S :死に出しの威嚇を先に食らってリセットできるため最遅

 

このパーティの見せポケといっても過言ではありませんでした。刺さる構築に対しては裏に選出していたのですが、ザシアン入りにはヌオーや物理受けサンダーなどが大体いるため、相手がザシアン軸に対しては基本出しませんでした。上位に行くほどメタモンがメタられているため今回はほぼ見せポケモンです。ですが、ゼクロム軸などに対してはあえて竜の舞をさせることで裏のメタモンで全抜きできる試合もあったのでそこは良かったです。

 

選出率6位

 

 

最後に

正直最高レートを達成したときが最終日の午前中だったので、そこで撤退していたら確実に最終3桁だったのですが、もっと上を目指したくて潜ったら見事順位が3桁確定範囲外に落ちてしまいました。今回非常に悔しかったので、シーズン30では確実に最終3桁に残れるようにまた構築を練り直して頑張ります!

 

            

 

 

感想や質問はこちらにお願いします。

https://twitter.com/kozu1539_poke